インビザラインを利用する|見た目が気にならない歯の矯正

歯型

矯正しやすくなっている

わらい顔

歯並びが悪化している場合

歯並びが悪い人が増えていますが、東京にある矯正歯科に通うことで歯並びが良くなります。歯並びが悪い子どもが増えている理由は、柔らかいものを食べることが多くなっていて、顎の骨が発達し難くなっているためです。あごが小さくなっていても歯が生える本数や大きさは変わらないので、歯が生えるスペースが無くなって、ずれて生えて歯並びが悪くなってきます。通常は長い期間掛かったり、料金も高額になりがちですが、子どもの頃に歯並びを矯正する方が短い期間で矯正が終わる上、料金も抑えられます。子どもはまだ骨が柔らかいため、歯も動かしやすくなっています。大人になってから矯正すると歯を抜く可能性もありますが、子どもだと抜く必要もありません。見た目のコンプレックスも、子どものときのほうがなりにくいので、早めに東京の矯正歯科で治療をしましょう。

複数の方法があります

矯正の方法はワイヤーを使うため、コンプレックスになりやすかったのですが、最近では色々な方法で矯正できるようになっています。歯の裏側にワイヤーを通すことで、前からは矯正をしていることが分からない裏側矯正もあります。その他にもマウスピースを使って矯正する方法もあって、常に装着する必要がありますが、食事のときには取り出せたり綺麗に洗浄もできるので、衛生的にも良い方法です。東京の矯正歯科は技術も高いところが多いので、事前に複数の矯正歯科に行って相談をしましょう。東京は交通のアクセスも良いので、通いやすいところに矯正歯科があります。矯正するときには良く話し合いをしてから、自分に合った矯正方法を選ぶと良いです。